大学で学ぶ娘に伝えておきたいこと

今から5年前(52歳のとき)中2の娘から質問を受けた数学の問題が全く解けない。解けないのはまだわかるが、その問題を解くことの意味、さらには、数学を学ぶ意味について全く説明できない。参った。これを機に数学を学ぶ意味、さらには、学校で学ぶ一つ一つの教科の意味について考えるようになった。令和元年4月に娘が大学に入学し、離れて暮らすようになったのを機に、このブログを通じて、学びに関して気づいたあれこれを届けることにした。
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - |
    起承転結勉強法 長崎新聞「声」欄に投稿掲載。
    0

      本日付けの長崎新聞「声」欄。

       

       

      県立図書館移転は県と市町村の役割を考えるうえで格好の材料。

      また、「起承転結」が威力を発揮する内容でもある。

       

      あとでYouTubeで説明するけど、

      とりあえず「起承転結勉強法 廚鬚澆箸い蕩

       

       

       

       

      | 文章術(新聞投稿) | 11:52 | comments(0) | - |
      ドイツ語における名詞の性。
      0

         

        早速、ドイツ語読んでみました。

         

        興味あるところから読もう。

        で、名詞の性から。

        これが一番興味があるね。

         

        ドイツ語には男性、女性、中性がある。

        フランス語には中性はないね。

         

        で、男性名詞にはder、女性名詞にはdie、中性名詞にはdas。

         

        フランス語と違うのは、

        女性名詞がたいへん少ないところ。

         

        だから職業を表す名詞、 Lehrer(教師)やArzt(医師)なども男性名詞。

        よって、そんな場合はinの接尾語をつけて女性にする。

         

        der Lehrer→ die  Lehrerin

         

        その後、女性の社会進出を受けて、

        男性名詞で済ませていた名詞が女性名になっていったそうです。

         

        文法上のことだと割り切れなかったのかな?

         

         

         

         

         

        | 外国語 | 12:34 | comments(0) | - |
        ドイツ語の本も買っちゃった!
        0

          この間言ってたけど、ドイツ語の本も買っちゃいました。

          大学で第二外国語で勉強したっきりで40年近くぶり。

          もっとも、大学時代はほとんどやらなかったけど。

           

           

          特にフランス語と比較しながら勉強すると面白そう。

          男性名詞、女性名詞の違いを早速調べてみよう!

           

          「まいにちフランス語」も新しい先生に代わり気分一新。

          英語は「シンプルイングリッシュ」一本に絞ってヒアリング中。

           

           

           

          | 外国語 | 16:33 | comments(0) | - |
          これはお勧めじゃ。
          0

             

            これブルーバックスの8月の新刊。(正確には復刻)

            宣伝をみて衝動的にAmazonに注文。

             

             

            「はじめに」を読むとだいたい雰囲気が分かる。

            どんな人にこの本を読んでもらいたいかという著者の決意表明のようなもの。

             

             

            いや〜、数学は鑑賞すべきもの、前から私が言っていたことだね。

            オレだけの発見か!とあわい思いを抱いていたけど、

            やっぱりいるよね〜。そりゃそうだ。

             

             

            いいね、いいね。

             

             

            証明とは、ある命題が正しいことを保証するために数学が

            発行する品質保証書。

            しかも、この保証書に保証期限が無い。

             

            しびれるね〜。

             

            大学生のうちに是非読むべし。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            | 数学 | 22:00 | comments(0) | - |
            英会話からもいろんなことが学べるね。
            0

              ただ単に楽しむために再びはじめた英語。

              実際に使わなくても学問として楽しめちゃう。

               

              最近、結構はまってるのがYouTubeで急上昇中のichiroさん。

              昨日は、「実は似てすらいないLとRの発音」。

               

              英語のアルファベットを日本語に無理や当てはめるからややこしくなる。

              そうそう。日本語に置き換えずに、ありのままの英語を受け入れればいいのだ!

               

              という動画がこれ。

               

               

              これを観てて何かが(アナロジー的なものが喉ま出かかっていたのだけど、

              風呂に入ってて突然それが何か思いついた。

               

              そう、作家・小林秀雄のよく入試に出るやつ。

              引っ張り出してここに引用しておこう。

               

              言葉は目の邪魔になるものです。

              例えば、諸君が野原を歩いてゐて一輪の美しい花の咲いてゐるのを見たとする。

              観ると、それは菫の花だと解る。

              なんだ、菫の花か、と思った瞬間に、諸君はもう花の形も色も見るのをやめるでせう。

              (小林秀雄「無私の精神」より)

               

              だからなんだって言われると返す言葉もないけど…面白い。

              ただそれだけでいい。

              | 読書 | 21:52 | comments(0) | - |
              夏休みボケは大丈夫?
              0

                 

                夏休みはいろいろな体験ができて楽しかったね。

                一つは、念願のドラッカーの研修会。

                 

                心配だからと私まで同行をお許しいただき母さんに感謝。

                 

                 

                はじめて行った歌舞伎座。

                七之助が政岡を演じた「加羅先代萩」。

                歌舞伎のすばらしさを堪能できたね。

                 

                 

                あなたの希望は、浅草の河童橋道具街&神田古書街。

                 

                 

                いやいや、

                 

                 

                結構おもしろい。来て正解だった!

                 

                そして神保町。古書街では4時間くらい楽しんだね。

                 

                 

                いや〜丸善オアゾの本は充実していた。

                2冊購入。

                 

                フランス語への興味の陰りを文法への興味で打開できないか?

                新しい語学の勉強方法を模索中。

                 

                 

                丸善でチェックしてアマゾンで購入。

                左の「科学史ひらめき図鑑」。

                 

                これは私が将来やりたかった内容。

                直接的には役に立たない科学の学びが、

                人生の中でどのような形で役に立つのか、

                うまく書かれている。

                 

                これは是非見てちょうだい!

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                | 物理 | 23:38 | comments(0) | - |
                やっぱ「Newton」ですね。
                0

                  歯が立たない相対性理論にはやはりコレ。

                  Newton。

                   

                  リクエストしたら図書館が購入してくれていた。

                   

                  半分以上読んだけど、

                  やはりほかの本とは違う。

                   

                  分かりやすい。

                   

                  以前は敷居が高かったけど、

                  今や分からないときはこれに頼っている。

                   

                  数学もしかり。

                   

                  もう少し読んだら紹介するね。

                   

                   

                  | 物理 | 20:51 | comments(0) | - |
                  なぜ英語のリスニングができないのか?
                  0

                    4月から3か月以上英語のリスニングやってるけど、

                    さっぱり上達しているようには思えないし、

                    このままではきっと上達しないだろう、という自信すらも芽生えはじめた。

                     

                    で、たまたま目に入ったYouTubeをみて久々に目からうろこ。

                     

                    ichiroさんの「一言で英語が聞こえるようになる!魔法のワーク」

                     

                     

                    リスニングの上達とか考えなくていいから、

                    とにかく観てみて♪

                     

                    戒めてはいるつもりだけど、

                    思い込みって捨てきれていないんだな〜

                     

                    タイトルだけみて「そんなうまい話があるわけない」、

                    と決めつけちゃうけど、

                    虚心坦懐、先入観をもたずに耳を傾けるって大事だね。

                     

                     

                     

                    | 英語 | 19:40 | comments(0) | - |
                    数学ガールとG.ポリア
                    0

                       

                      この間からの数学ガールを再読したよ。

                      もう3回目かな?

                      今回はほどんど理解できたような気がする。

                       

                       

                      やっぱり圧巻は「加法定理」だね。

                      高校時代、理解もせずに覚えさせられ腹立っていた。

                       

                       

                      この本ではその「加法定理」の意味がきちんと説明されれている。

                      しかも分かりやすく。

                      ここまで理解できたら覚える気になる、

                      というか自然と覚えちゃうね。

                       

                      もっとも、完全に理解できたのは今回かな。

                       

                       

                      で、このくだりの中で登場するのがG.ポリアの「いかにして問題をとくか」。

                       

                       

                      Amazonで買ったけど、訳がね…。

                       

                       

                      表紙と裏表紙の裏には問題をとくにあたってのポイントが書かれている。

                       

                      数学的な考え方を一般社会の問題に適用させるときの架け橋になるのかな?

                      | 数学 | 14:45 | comments(0) | - |
                      逆に、完全に自力でやってみるのもいとおかし♪
                      0

                         

                        昨日、アルキメデス式円周率をネタに、

                        鑑賞に徹することの楽しさ、大事さについて話をしたね。

                         

                        中途半端に自分で解けるか考え出すと楽しさが減ってしまう。

                        だからそんなときは自力を頼まず、徹底的に他力にすがる、

                        そんな姿勢があっていい、という話。

                         

                        でも、その逆もいとおかしなのだ。

                        公式や解答例など一切顧みず、自力でやってみる、

                        やらせてみるのも面白いし大切なことだと思う。

                         

                        たとえば、この三角関数の本でいけば、

                        円周率を求めさせるところ。

                         

                        円周率ってホント何も考えずにπ、3.14でしか認識してなかったけど、

                        これを求めさせる作業って数学では不可欠な気がする。

                         

                        で、自力で解くってどんなことかというと、

                         

                        円の面積S=πr²

                         

                        これからπを求めてみると、π=S÷r²

                         

                        つまり、円の面積を半径の2乗で割ってπを出そうというわけだ。

                         

                        で、ここから自力で考えてみるのだ。

                        何の常識も前提も入れずに独力で。

                         

                        遊び半分で楽しいに決まってる。

                         

                        ちょっと考えてみ!

                         

                        あっ、読んでるから見たことあったね。

                        証拠の鉛筆書きも残ってるし。

                         

                        ポイントはどうやって面積を先に求めるか?である。

                         

                        答えは…

                         

                         

                        方眼紙を使ってマス目を数える。

                        マス目や半径は計算しやすい数にしておく。

                         

                        ここでは、半径を10にして、マス目は1。

                         

                         

                        円の内側だけのマス目だけを数えあげ(それが面積)、

                        それを半径2乗で割ると2.76

                         

                        それよりもπは大きい。

                         

                        円からはみ出している部分のマス目を数えて、

                        それを半径2乗で割ると3.44

                        そうすると、πは2.76よりも大きく、3.44よりも小さい。

                        つまり、2.76<π<3.44

                         

                        これでは3.14にはまだまだ遠い。

                         

                        このマス目をもっと小さくしていき精度を高めていく。

                         

                         

                        そして、もっと簡単に精度が高まる方法は?

                         

                        それが昨日のアルキメデス式の内接するn角形と外接するn角形を用いる方法。

                         

                        こうやって自力でやると面白いし、忘れないよね。

                         

                         

                         

                        | 数学 | 21:06 | comments(0) | - |
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        293031    
                        << December 2019 >>
                        + PR
                        + SELECTED ENTRIES
                        + CATEGORIES
                        + ARCHIVES
                        + MOBILE
                        qrcode
                        + LINKS
                        + PROFILE
                        + OTHERS
                        このページの先頭へ